プリザーブドフラワーはインテリアにも贈り物にも人気

  • プリザーブドフラワーとは

    • 花が好きであったり部屋に花を飾りたいと思っても花の手入れは大変です。

      毎日の水やりはもちろん、虫よけの方法を考えたり、部屋に飾る場合には花びらが散ったり花粉が飛び散ったりして部屋を汚してしまうといった悩みもあります。そんなときにお勧めなのがプリザーブドフラワーで部屋を汚すことなく、花のお手入れも簡単です。
      プリザーブドフラワーとは生花を特殊な液体染料を吸わせて作った、造花やドライフラワーといった花とも違う特別な加工を施された花です。


      生花の場合は美しい状態を楽しむことができる期間は早ければ数日で、遅くても1週間程度で枯れ始めてしまいます。

      しかしプリザーブドフラワーは特殊な防腐処理が施されているので、数年からお手入れ次第では数十年もつとも言われています。



      虫がついたり花粉が飛散したりという心配もないので、アレルギーを持ったひとがいる家庭や、病気のお見舞いにプレゼントされたりもしています。お手入れ方法も簡単でほこりや汚れがついたときは綺麗に掃除をしてあげましょう。

      goo ニュースについて紹介しています。

      そしてここが生花との一番の違いとなってきますが、水やりは必要ありません。
      むしろプリザーブドフラワーにとっては水やりは大敵で、傷みが進んでしまうので間違えて水やりをしないように注意をしましょう。


      そして直射日光も好ましくないので、高温多湿を避けるようにするのが長期間綺麗な状態を保つコツです。



      寿命が長く美しいプリザーブドフラワーを部屋に飾ってみましょう。


top